洗濯するときに・・・

日立の洗濯乾燥機と言うと、高い洗浄力の「ビックドラム」があります。
乾燥シワの軽減を実現する「風アイロン」があります。
消費電力量を低減させる「ヒートリサイクル乾燥」などがあります。
進化し続ける優れた技術力には脱帽しますね。
(笑顔) そんなことで、今、注目度ナンバーワンのメーカーと言えます。
次に「BW-D9MV」があります。
これは、タテ型洗濯乾燥機の高級機種になります。
タテ型と言っても、少量の水で仕上げるたたき洗いから、たっぷりの水で洗う洗いなど、他の洗濯乾燥機と比較しても、様々な洗濯方法を選択できるのが売りですね。
※2011年モデルでは、「洗濯層自動おそうじ機能」を搭載しています。
洗濯する度に洗濯層の洗浄をします。
2007年から搭載された「風アイロン」があります。
これは、乾燥シワを軽減してきれいに仕上げる注目の機能と言えます。
また、2008年モデルでは、ヒーター式なのですが、日立独自の「熱リサイクルシステム」を開発しています。
そして、2011年モデルでは、洗濯槽の汚れを洗浄する「自動おそうじ機能」を搭載しています。
このようなことで、さらなる進化を続けていると言うことです。
(笑顔) また、「幅が大きいので設置できない」と言うビッグドラムの弱点を解消しています。
ドラムの奥行を深くすることで、「ビッグドラム」と比較しても、乾燥の仕上がりはそのままと言えます。
(笑顔) 「風アイロン」を諦めていた人にお勧めしたい機種ですね。
宅配クリーニング専用ケースいつ貰えるの?【初回ダンボールでもOK?】