洗顔石鹸男性用どれがいいのか?

男性の肌は女性の肌に比べて、皮脂量が多いわりに水分量が少なめです。
お手入れの習慣ができていないことが多いため、紫外線対策が万全でなかったり、洗顔などもゴシゴシ力を入れたりと、お肌を酷使している方が多いようです。
また、毎日のひげ剃りで、余分な角質層まで削り取ってしまいやすく、お肌がベタつきやすいわりには乾燥肌になっている場合も少なくありません。
お肌のベタつきやニキビが気になって、お肌にあっていない洗顔料で過剰な洗顔を行うと、乾燥状態が進み、皮脂量の分泌は増加しやすいといわれています。
洗顔石けんを使った洗顔は、一日2?3回までにしておきましょう。
自分の肌状態を観察し、お肌にあった適切なお手入れを行うことが大切です。
ついおざなりにしてしまいがちなひげ剃り後のケアや、紫外線対策も充分行うようにしましょう。
男性専用の洗顔石鹸は、女性専用のものに比べて数も少なく、成分的にも偏ったものが多いように感じます。
「男性の洗顔石鹸=肌のベタつきやニキビ対策用」がその中心となっているようです。
男性の肌といっても、人それぞれ。
年代によっても肌質は大きく違ってきます。
洗顔石鹸選びに困ったら、女性用の洗顔石鹸にも目を向けてみましょう。
基本的には男性用も女性用も石鹸は石鹸。
性能を区別して使用する必要はありません。
自分の肌質にあっていれば、女性用の洗顔石鹸を使っても何ら問題はないのです。
ただ、使用感の好みは、男性と女性では異なる場合が多いようです。
女性はしっとりとした仕上がりを好みますが、男性は皮脂量が多いためか、さっぱりとしたものを好む傾向にあります。
男性用洗顔石鹸としては、松山樹脂の「肌を清潔にする洗顔石けん」や「肌を清潔にするスクラブ石けん」があります。
やはり肌のベタつきを抑えたさっぱりとした洗い上がりが特徴ですが、無添加石鹸ですから余分な成分が入っておらず、比較的肌にやさしい石鹸だといえます。
「ETTUSAISHOMME/薬用アクネソープ」は、オイルフリーのニキビ対策石鹸です。
サイトの商品情報ページには、男性の肌やお手入れに関する記事が掲載されており、毎日のお手入れの参考になりそうです。
「テックスメックス/薬用スキンクリアソープ」もにきび予防に効果的な薬用石鹸で、泡立てネットも一緒に販売されています。
泡を立てて洗顔する習慣がない男性は、参考にしてほしいですね。
男性専用の洗顔石鹸ではありませんが、「ボタニクス/ブラックソープ」は、ミントのようなすっきりとした香りが特徴です。
爽快な香りは男性にも好まれそうです。