母子家庭でも教育ローンの審査に通る?

低金利な教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。

年1.76%という低金利なので銀行や信販会社の教育ローンと比較するととてもお得なのが分かります。

三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンが3から5%、信販系は5から10%なので国の教育ローンがどれだけ低金利なのかよくわかりますね。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

カードローン型と呼ばれる教育ローンをご存知ですか?普通のカードローンとほとんど同じで個人に与えられた限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと使途が教育資金に限られるということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますが楽天銀行やイオン銀行等の一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

金額が明確な初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行をはじめと信販会社など至る所にあります。

その中でおすすめは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

使途は大学や高校以外にも中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく定期代やパソコン購入費など広範囲に認められています。

教育ローンもローン契約に違いありませんので、融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

ですが、何より最も肝心な書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円まで借り入れることが可能です。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利なので安心して利用することができます。

世帯年収や子供の人数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

使い道は民間の金融機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトを活用すると良いでしょう。

銀行やノンバンクを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額など知りたい情報は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

表の中には、来店の有無やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

学生の保護者が学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

高校や大学、専門学校の学費や私立の学校であっても利用対象となります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。

注意しておきたい点として借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

なんらかの原因があるはずです。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職や年金受給者は借りることができません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定した収入を得ている証明が必要となります。

契約社員などの場合は最低でも2年以上、勤続年数がないと審査は厳しいです。

また、年収も200万円以下の場合は審査には通らない可能性が大きいでしょう。

教育一般貸付は、母子家庭や低所得者の学生を救済するためのローンになりますので対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

参照:http://www.next-right-thing.org/bosikatei.html

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンの場合は口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利には2種類あり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが最長20年まで借り入れすることができるというものもあります。

しかし、返済期間が長くなるほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので返済シミュレーションを必ず行い、返済プランをきちんと立てることが大切です。

教育ローンの受け取り方として一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括で受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの多くはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴はローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすい一方、追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

学生や外国人留学生が教育ローンの融資を受けるということは基本的には無理です。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は責任を持って貸付契約ができる必要があります。

そのためには借入者が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

また、今の仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などといった生活費のすべてを自分の稼ぎで支払えているかも重要な要素になります。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

教育ローンの申し込み方法は郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。

その後届いた書類を記入後、返送することになります。

ネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでわずか数秒で借り入れ可能か診断することができますので、まずはそれをやってみましょう。

仮審査を申し込むのもWebで行えますし24時間受付け可能な点も便利です。

仮審査の申し込み手続きが完了後に受付け完了メールが届きますので忘れずに確認しましょう。

三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンは一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですし返済期間も長いので余裕を持って返済ができます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が優遇される銀行もあります。

教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは親御さんなど保護者が借主となるのですが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息については教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金の返済は卒業後から開始となります。